ブラックでも融資してくれる金融業者とは


金融ブラック SystemAdministrator (2017年7月17日 17:10)

一度金融事故を起こしてブラックリストに載ってしまうと中々お金を借りられなくなります。

ですが同じ金融事故でも内容によっては借りられる場合があります。ただし大手の消費者金融はまず無理ですのでアフィリエイと目的のサイトに騙されて間違えても申込しないようにしましょう。


ブラックでも中堅消費者金融なら融資を受けられる可能性がある

大手に比べて中堅消費者金融というのは知名度もなく一般の方は名前すら聞いた事がないという方が殆どです、だからこそ中小消費者金融は審査が甘いのです。

大手の消費者金融は宣伝広告費にも多大な金額をかけていますのでどんどんお金を借りたい方から申込があります。という事は言ってしまえば客は選びたい放題なのです。

大手は客を選べる

お客さんを選びたい放題な状態でわざわざブラックの人にお金を貸す必要はありません、出来るだけ他社への借り入れ金額が少なく、仕事もしっかりしていて、返済不可能に陥る可能性の低い人に貸付をすれば安定した運営ができるからです。そして大手消費者金融はそれをするために多大な広告費を掛けているのです。

中小消費者金融は客を大切にする

中堅消費者金融は申し込みも大手に比べると相当少なく客を選んでいる余裕はありません。

申込をしてきた人に対しては何とかお金を貸したいというのが本音です。ですので大手では消してお金を貸さないような人にでも何か良い所が無いかを考えてくれます。

中小消費者金融ならブラックでも融資してくれるのか?

融資してくれます!と言いたいところですが絶対に融資してくれるとは限りません。貴方がどの程度のブラックかの程度にもよります。

例えば現在進行形で長期延滞でブラックになっている方はまず借りるのは無理だと思ったほうがいいです。

ですが過去に自己破産をした方なら借りられる可能性があります。

この差は何だと思いますか?

借りられる可能性があるブラックとは?

上記したように自己破産をした方が借りられて今現在借り入れしている人が借りられない理由は一言で言ってしまえば借金があるかないかです。

注意点は現在自己破産申請中ではなく免責を受けて借金がゼロになっているかどうか?というのが大事です。

すでに免責を受けて借金がゼロになっている方というのはある意味では借金がないのでお金を貸す側にしてみれば貸しやすい状態とであると言えるからです。

また申込ブラックといわれる一度に何件もの金融に申込をしてしまった事によってなってしまうブラックの場合も大手では難しいといわれていますが中堅消費者金融なら審査に通る可能性は十分にあります。

総量規制だけはどうしようもない

正確にはブラックではありませんが総量規制だけは法律で定められたことですので年収の3分の1以上のお金は正規の金融では絶対に借りる事ができません。

中小消費者金融の審査が甘い理由

一つは先ほど述べた客を選べないというのがあります、もう一つの大きな理由は独自の審査基準があるからです。

大手の消費者金融は多少の違いはあってもある程度同じような審査基準があります、そして審査の半分はコンピューターが貴方の申し込み内容を分析して行っています。

ですのでその段階で少しでも問題があるとその時点で人の目に触れる事もなく審査否決となるのです。

それに対して中小消費者金融は申込者一人ひとり丁寧に独自の審査をしてくれます、更に言ってしまうと人によって審査にムラがあるということです。

ですので同じところに申し込んでも審査する人によっては審査に落ちてしまう場合もありますが、どうしてこの人が?と言う人が借りられる事もあるということになります。

狙い目は対面融資をしている所

審査がネットと少しの電話で完結してしまうところではなく対面融資を行っている中小消費者金融に直接出向き対面で審査を受けると可決になる可能性が上がります。

事実同じところで審査を受けても対面とネットと少しの電話での審査では対面融資のほうが可決率が高いというデータがあります。

ですので出来れば対面融資を行っているところで直接審査を受けるようにしましょう。